トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県でカスタムカー買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取相場をリサーチして高額買取してくれる静岡県の買取店に売却したい」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者で検索してみてください。

    カスタムカーを高額買取してもらうために大切なことは「静岡県にある複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらい隙間時間でできます。静岡県にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、あなたが今乗っているカスタムカーの買取額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の無料の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社にカスタムカーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、静岡県対応で利用料は無料です。

    「カスタムカーをできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているカスタムカーの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、数年落ちのカスタムカーでも静岡県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    カスタムカーの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちのカスタムカーの買取相場ってネットで分かるの?」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際はすぐに即決することなく、静岡県に対応している複数社に査定してもらうことで長年乗ったカスタムカーでも高額買取が実現します。

    最大10業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた会社にあなたの愛車のカスタムカーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場がわかる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、複数の業者があなたが愛用したカスタムカーを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、静岡県に対応している複数業者に査定のお願いをして長年大事に乗ってきたカスタムカーを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    カスタムカーの査定依頼だけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    長年愛用したカスタムカーを高く売って、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、静岡県にある最大で約10社があなたのカスタムカーの査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    プロのスキルを持った中古車査定士にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌で事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、口からでまかせを言ったことが災いしてスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も存分に考えられるので、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    買取業者などが中古車の査定をする場合に持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、大型車、小型車の二種類存在しています。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格取得が叶わないので、この資格を持っていると言うことは、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがうかがえるのです。

    故障や事故で修理をした車の履歴は、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても一瞬で分かってしまうものです。

    ボディの傷などが軽くて、適切な修復がされているようならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、素直に話すことも重要でしょう。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを受けるにはコツというものがあります。

    それは意思表示です。

    つまり、金額さえ満足なら即決してもいい位の姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。

    商品となる車の引取りの日にちがここで決定するとなると業者としてはその後の補修や清掃といった販売前のスケジュールがほぼ本決まりとなるため、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉も比較的うまくいくわけです。

    ある程度を超えて走行した車というものは、中古車業界では減点査定の対象となります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    けれどもそれで諦めろといったことではないので安心してください。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、部分ごとに細かく査定してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    もし売却予定の車のホイールが他メーカー製であれば、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

    一般的な査定では、純正品であるほうが高い査定額がつきやすいのです。

    屋外環境は素材の劣化を招くので屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。

    良好な状態を維持している他メーカー製ホイールは意外な値段でオークションなどで売れるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、要件さえ整えば売却できます。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、こうした書類を揃えることは不可能ですから、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、個人売買で自動車を売る方法が一番双方にとって得をする方法です。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    後者の場合には1回目だけ支払って2回目以降は支払ってくれない事がないように一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    自動車を売り払った後になって、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売る方が責任を取るのが普通ですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。