トップページ

    このサイトではカスタムカー買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    カスタムカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者にカスタムカーの買取査定をしてもらうこと」です。「1社だけに買取査定のお願いをする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2、3分で入力が完了しますし、同時に複数の買取業者からの見積もり査定価格を比較することができます。あなたのカスタムカーを高く買い取ってもらうために是非活用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社へカスタムカーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「カスタムカーを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているカスタムカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買い取り金額を入札するので、カスタムカーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    カスタムカーの実際の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで自分が乗っているカスタムカーの買取相場って分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったカスタムカーでも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社がカスタムカーの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛用のカスタムカーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切に乗ってきたカスタムカーを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    カスタムカーの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきたカスタムカーを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携企業は約100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がカスタムカーの買取査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。






    車買取コラム

    一般的に、中古車査定業務において持っていなければならない国家資格はありませんが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、大型車、小型車の二種類存在しています。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと取れませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがお分かりになるでしょう。

    中古車売買における車の査定基準というものは、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、査定に行く前に入念に清掃することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、はじめから正直に答えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    今自分が乗っている車を売ってしまおうと考えたときにお勧めできるのが、中古車の無料一括査定サイトを使うことが挙げられるでしょう。

    数多くの企業の見積額をいっぺんに比べることが可能ですから、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくてもその中で最も高い金額を示してくれる会社をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、その上所有する車の資産価値が今の段階で大体どのくらいあるのかが分かります。

    どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

    丁寧に使ってきたことをアピールするためにも掃除は欠かせません。

    ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定では一般的に高値がつくからです。

    また、スピーディーな売却を求めるのでしたら、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に何年落ちといった言い方をするものです。

    その場合、製造年は無関係で、車検証の「初度登録年月」ですからわからなくなったら車検証を見てみましょう。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、裏を返せば、買う人からすれば10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    複数の中古車屋からゼロ円査定されてしまったとなると、車の持ち主がとれる行動というのは限られています。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車も買い取ってくれるというわけです。

    廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、ディーラーに下取りに出す方が簡単です。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、楽チンですよね。

    手間を惜しまずに、幾らかでも高く手持ちの車を売却したいのであればディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    いくつかの業者に複数の見積もりを出してもらうことで、なるべく高く買い取りしてもらえる可能性が高まるのです。

    残っている期間によっても異なりますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとさほどプラス査定にはならないのです。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。

    自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

    そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて戻ってくる制度があるわけではないのです。

    しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。