トップページ

    このサイトではカスタムカー買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    カスタムカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者にカスタムカーの買取査定をしてもらうこと」です。「1社だけに買取査定のお願いをする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2、3分で入力が完了しますし、同時に複数の買取業者からの見積もり査定価格を比較することができます。あなたのカスタムカーを高く買い取ってもらうために是非活用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社へカスタムカーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「カスタムカーを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているカスタムカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買い取り金額を入札するので、カスタムカーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    カスタムカーの実際の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで自分が乗っているカスタムカーの買取相場って分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったカスタムカーでも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社がカスタムカーの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛用のカスタムカーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切に乗ってきたカスタムカーを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    カスタムカーの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきたカスタムカーを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携企業は約100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がカスタムカーの買取査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    Web上でいつでも簡単に利用できる中古車無料一括査定サイトに申し込むと、売っても良いと考えている車の査定相場の概算を知ることができますから利用価値が高いです。

    パソコンだけではなくて、携帯やスマートフォンで利用可能ですから、空き時間や移動時間など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    でも、気を付けるべき項目として、見積もりを出したたくさんの業者から電話攻勢が一斉に来るようになるため、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なサイトを利用すると良いでしょう。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主となる要因には何点かあるのですが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    車によっては査定金額が0円まで下がってしまう時もあるのです。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    Webサイトの中には、車の無料一括査定サイトと言うものが存在し、そのなかには個人名を書かなくても見積もりを出してくれるサイトも存在していると言います。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先は書くようですが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    この参考値は大変大雑把な価格ですから、さほど意味がないかもしれません。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車買取業者の査定士によってくまなくチェックされるものです。

    見た目にわかるキズは減額要因になるものの、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷は特に減額対象としない場合が多いです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性は極めて少数でしょう。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、買取額が増える可能性もあります。

    丁寧に使ってきたことをアピールするためにも掃除は欠かせません。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、可能な限り純正パーツに交換しておきたいものです。

    中古車買取りの現場ではメーカー純正品を装備した車のほうがプラスがつく可能性が高いのです。

    最後に、もしなるべく短時間で売却したいという時は、契約に必要な書類等を先に用意しておくのも有効です。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためにはインターネット上の中古車買取一括査定サイトを使えば、かなりの時間と労力が省けます。

    最近はスマホでのサイト利用も可能ですから、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。

    簡易査定の数字が出たら、高額の見積りをつけてくれた上位何社かと今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    しつこく営業電話を繰り返しかけてくる業者もないわけではないようですが、「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    家族名義の車や別居の親族の車なども買取業者などに売却することは可能です。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

    自動車売買に関する手続きの全てを他人に頼らずに自分の手で行える知識と時間があれば、自動車は個人売買するのが一番双方にとって得をする方法です。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、払った税金の残りがプラスに査定されますから、勿体ないと感じることはありません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。