トップページ

    このサイトではカスタムカー買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    カスタムカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者にカスタムカーの買取査定をしてもらうこと」です。「1社だけに買取査定のお願いをする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2、3分で入力が完了しますし、同時に複数の買取業者からの見積もり査定価格を比較することができます。あなたのカスタムカーを高く買い取ってもらうために是非活用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社へカスタムカーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「カスタムカーを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているカスタムカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買い取り金額を入札するので、カスタムカーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    カスタムカーの実際の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで自分が乗っているカスタムカーの買取相場って分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったカスタムカーでも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社がカスタムカーの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛用のカスタムカーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切に乗ってきたカスタムカーを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    カスタムカーの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきたカスタムカーを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携企業は約100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がカスタムカーの買取査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大きく分けると車の色や車種などの基本的な事項、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、査定が高くなる場合には、新型のカーオーディオやカーナビシステムが搭載されているケースなどです。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    中古車専門の買取会社の中には沢山の種類があって、軽自動車や事故車、輸入車など限定された車種の販売が得意だったり、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、やっぱり軽の販売専門の業者の方が多分買取額が高くなるはずです。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、なんとなく分かります。

    雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、見積額が少々上がるという話があるようです。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんからキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    実車査定の業者が来た時に、たとえ掃除済みだったとしても車内がタバコ臭かったり、ペットの臭いなどがあれば具体的なキズではないにしろ、減点対象になります。

    所有者は臭いがないと思っていることも多いくらいですから、自分はそこに馴染んだ状態になっていてわからないということもあります。

    業者に査定を依頼する前に、第三者に車内のにおいをチェックしてもらうと万全です。

    布用消臭スプレーや空間芳香剤などを多用しても時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、温タオルや中性洗剤などを使い、ていねいにニオイの発生源をなくしていくのが有効です。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて業者間の競争心を煽り、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    その一方、下取りはというと、一社のみの独占ですので高額な金額はつきにくいです。

    ただ、車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が高額査定が期待できるという説があります。

    光源が少なくはっきり車を見ることができないので、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。

    それより、天気や時間帯を気にせずなるべく多数の業者から見積りをとるほうがずっと良い効果が得られるでしょう。

    業者同士で競合が起きれば自然と査定額もアップするでしょう。

    乗っている車を手放そうとする際には、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、それでも前もって修理に出しておくことはかえって得にならないことがほとんどなのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、車検切れまで残り半年くらいになると査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車を手放す直前に車検を通しておく必要はあまりないと言って良いでしょう。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。

    車を手放そうとするときに、中古車買取業者に出すのとディーラーに下取りに出すのとでは、一番優先するのが何かによってお勧めするものが変化するのです。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、お勧めしたいのはディーラーへ下取りに出すことです。

    今までの車を手放して新しく車を買うことが同時に出来てしまうので、手間がかからないのが良いでしょう。

    それに対して、ちょっとでも高く車を買い取ってもらいたいという希望があるならば買取業者に査定を依頼する事をお勧めします。

    一社ではなく、たくさんの会社で査定してもらうことで、見積金額を引き上げることも可能になるでしょう。