トップページ

    このサイトではカスタムカー買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    カスタムカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者にカスタムカーの買取査定をしてもらうこと」です。「1社だけに買取査定のお願いをする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2、3分で入力が完了しますし、同時に複数の買取業者からの見積もり査定価格を比較することができます。あなたのカスタムカーを高く買い取ってもらうために是非活用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社へカスタムカーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「カスタムカーを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているカスタムカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買い取り金額を入札するので、カスタムカーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    カスタムカーの実際の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで自分が乗っているカスタムカーの買取相場って分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったカスタムカーでも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社がカスタムカーの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛用のカスタムカーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切に乗ってきたカスタムカーを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    カスタムカーの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきたカスタムカーを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携企業は約100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がカスタムカーの買取査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、中古車の見積もりにかかる時間は待ち時間を除外すると15分かかるかかからないかです。

    これは現時点における車種ごとの中古車オークション相場などを参考にして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、走行距離などに応じた減額、加算をしたら最終的な査定金額を導き出すことが可能だからです。

    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売却予定になってから車検を行っても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額にプラスされることはありませんから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、査定金額は低下していくのです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、査定金額がつかない場合も多いです。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が同席しなければいけないといった強制的なルールはないものの、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を防止すべく、できるだけ所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには所有者がいなければわかるまいとわざと車体に傷を作るといった違法な手法で不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    業者が提示した買取額で了解し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほかリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    車を売却する一括査定サイトがあるように、車の保険にも一括見積りできるサイトがあります。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのはいわゆる掛け捨てタイプの保険であるため、好条件を提示している他社があるのならさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。

    引越や生命保険の見積りサイトなどと同じで利用するのには一切お金がかかりませんし、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比較できるというのはありがたいです。

    ネット上の中古車一括査定サイトを使うと、おおまかな車の査定価格があっと言う間に分かるのです。

    じっさいの見積もりの時に価格交渉を念頭においているのであれば予備知識としては大変有効です。

    反対に、本当のところは売却しないがちょっと相場だけでも知識として得たい時に中古車一括査定サイトを活用すると結構面倒なことになります。

    一括査定サイトを活用すると、すぐさま売却を勧める電話が一気にたくさんかかってくるからです。

    ちょっと相場が知りたいだけだったのならば、これらは煩わしいだけですね。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    公共の交通機関が自宅周辺に沢山あって、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば手放すことでかなりの節約になること請け合いです。

    そんな維持費の内容を見てみると、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    これらを総合的に見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    中古車市場において、ボディカラーは見積額に直に反映されます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、プラス査定になることが多いです。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    車体の色が定番色以外の場合には、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にその色の流行が終わっていることを考慮して査定するからです。