トップページ

    このサイトではカスタムカー買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    カスタムカーを高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者にカスタムカーの買取査定をしてもらうこと」です。「1社だけに買取査定のお願いをする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2、3分で入力が完了しますし、同時に複数の買取業者からの見積もり査定価格を比較することができます。あなたのカスタムカーを高く買い取ってもらうために是非活用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社へカスタムカーの買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、全国に対応していて無料。

    「カスタムカーを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と思っているならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているカスタムカーの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が買い取り金額を入札するので、カスタムカーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    カスタムカーの実際の査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社の買取業者が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで自分が乗っているカスタムカーの買取相場って分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、いくつかの会社に査定してもらうことで長年乗ったカスタムカーでも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社がカスタムカーの査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた車買取業者に愛用のカスタムカーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのカスタムカーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切に乗ってきたカスタムカーを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車買取の一括査定サービス。
    カスタムカーの買取査定申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、成約(売却)するとさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきたカスタムカーを高く売却して、しかも楽天ポイントが貰えるというのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携企業は約100社なので他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大10社がカスタムカーの買取査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定を利用した時の価格の違いがいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    プロのスキルを持った中古車査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌で事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、嘘をついてしまったという事実でスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起こっても仕方ありませんから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    中古車の査定額を幾らかでもアップさせるポイントは、これから査定に出すぞというときになるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、隠し通すことはできません。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどは個人の力である程度は消すことが出来るでしょう。

    また、最近では車内禁煙が一般的ですから、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    売買予定の車の見積額が下がってしまう主な原因は何点か挙げられますが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    場合により見積金額が0にまで低下する場合もあるのです。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    手間暇かけずに自分の車の買取価格を知ることができる却一括査定サイトというのは上手に活用すれば非常に有益です。

    ただ、短所がないわけではなく、アポとりの電話がひきもきらずかかってくるのは避けられません。

    職場の電話や仕事の連絡にも使う携帯番号などを入力してしまうと、何日かは不便を強いられるのが予想されるので、注意が必要です。

    あまりマナーを守らない非常識な業者にあたった場合は、ウソも方便で、もう売ってしまったと断ると諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、高額査定を引き出すコツと言われています。

    では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、普段は知らない中古車の相場を知ることと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    そこさえ押さえておけば、2、3社でも十数社でも実質変わらないということになります。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    自分の車の売却を考えている際によくある一括査定サイトなどに登録すると、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

    そこまで対処している暇がないという人は、各社からの連絡先に電話ではなくメールを指定できるサイトの利用がお勧めです。

    ひどい営業マンに当たると昼夜区別なくこちらの状況を無視して営業電話をかけてくるということが実際にあるようです。

    初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、家族や仕事先に迷惑をかける心配もありません。

    自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りをプラス査定してくれるケースもあるのです。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。

    当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースが散見します。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    素人で自動車修理をしたことが無い人の場合は、無理矢理に修復しようと試みずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。